思い出すのは。

思い出すのはやっぱり、あなたです。

 

今日は内灘に配達でした。

店を出てすぐ、周りが突然くら~くなり、どっさ~!と降り出しました。

あられやら、雨やら、やかましいほど車を叩きます。

ちょっと不安になるほどの音と、暗さです。(口角が下がって半泣き。)

なんと。ホンマに雨女やなぁ。勘弁してくれよ・・・。

と、暗さと、独りぼっちの嫌な感じに耐えていると(でも泣いてないです!)

海に向かう道、空が広く見えるところ。突然、雲が切れて光が射しました。

その安心感たるや。

あぁ~怖かった!!!!(でも泣いてないですぅ!)

と、そこで思い出す顔がありました。

やっぱりあなたですわ。大好きよ。

次はいつ会えるかな~(^-^)

Pocket