一服。

久々においしい珈琲を頂きに、喫茶店へ。

喫茶店。。。。。今はもうそう言わないんでしょうか。

カフェ。か。

いや、ちゃうぞ。

夕暮れが過ぎる頃、夜の始まりくらいの時間に、

オレンジ色の電気の下、旦那とゆったり、苦みの効いた珈琲。

。。。。。喫茶店やろ。

いっそがしい数日間を駆け抜けての夕暮れ珈琲は

そらもう、最高の一言っす。

珈琲は旨いし、前には旦那がいるし、パフェもあるし(笑)

外は夕暮れ終わる頃。

いやはや、この為に生きてる~~~。

それは言い過ぎ(笑)

 

DSC_1475

Pocket